【43日目】糖質制限 実践記~筋肉痛は慣れてくる~

どうもkateです!

糖質制限43日目になりました。

数日前に自重での筋トレを取り入れましたが、
段々と筋肉痛に慣れてきました。

ただ、最初は、筋肉痛が結構辛く感じたりします。

疲労感もありますし、「あっー動きたくねー」って
感じるくらい体が重く感じたりします。

それでも、トレーニングをしているうちに、
筋肉痛そのものに慣れてきます。

始めて負荷をかける部分が筋肉痛を感じると、
結構きついのです。

僕は昨日から腕立てをやってるので、
胸の筋肉痛がきついです(笑)。

どうしても、運動不足であった人達にとっては、
この手の痛みというのは、慣れていないので、
「こんなにきついなら止めちゃおうかな」
と考えてしまうこともあると思いますが、

筋肉痛の慣れは、普通にすぐにきます。
大体2日連続でやってれば3日目は大分慣れてきます。

で、慣れたら筋肉痛が心地よく感じます(笑)。

なので、きついからと言って、止めない事です。

そもそも負荷をわざわざかけているので、
キツイのは当たり前だと思っておきましょう!

後は、筋トレをやったら、適度にストレッチをしましょう。

筋トレは筋肉を「緊張」させるので、
ストレッチなどによって、「弛緩」させて、
緊張しっぱなしを防ぐことが重要です!

ただし、やりすぎると、伸びすぎて、
反発で逆に固くなってしまったりするので、
気持ち良いと感じる範囲で行いましょう!

食事内容、体重

()内は糖質量

昼食:豚しゃぶ(5g)
鶏むね肉のスープ(3g)

間食:MOWチョコレート味(23g)

夕食:スペアリブ(5g)
シーザーサラダ(5g)
あたりめ(0g)
無糖ヨーグルト(4g)
糖質量45g⁺隠れ糖質10g
合計55g

体重:朝65.0㎏
夜66.1㎏

43日目のまとめ

最近は糖質量を測っているけど、
正直記載されている物じゃない限り、
正確な量は分からない。だから、家庭料理系は、
多めに計算している。

そこに加えて更に10g多めに加味して
計算してるので、これより下回ることは
少ないのではないかと思います。

糖質制限を初めてやるときは、
最初の頃は特に、糖質量をしっかり測りながら
やるべきなのですが、

その時は、分からない場合は多めに計算するのが
吉です。

少なく見積もって、実際がそれ以上になっちゃってる
よりかは、
多めに見積もって、実際がそれ以下ならむしろ
かなり心の余裕もできるのでおススメです!

あとは、糖質量=炭水化物量‐食物繊維量
なのですが、今のところ、多くの食品には、
「炭水化物量」しか記載されてないものが、
多いので、この場合は、炭水化物量を
糖質量と考えておけば間違いなしです!

あともう一つだけ大事なのは、
「ちゃんとしつこいくらい調べる事」
です。

なんでかっていうと、一般的なイメージ的に
ヘルシーそうなイメージのある食品でも、
その実糖質量が多かったりすることがよくありますので、
ちゃんとチェックしてくださいね。

MOWというアイスクリームがありますが、
商品ケースに、バニラ、チョコ、抹茶
の3種類が置いてあったのですが、

どれが一番糖質量が多いと思いますか?

おそらく一般的なイメージとしては、
「チョコレート味」と答えるのではないかと
思います。

答えは、「抹茶」です。

個人的には、ちょっと意外だなと感じてしまいました。

和風な物はヘルシーなイメージの代表格的なところが
ありますので、抹茶味が一番糖質量が少ないだろうと
思いきや、一番多かったのです。

そして、一番不健康そうなイメージのある、
チョコレート味は、何と抹茶とバニラよりも少なかったのです。

抹茶>バニラ>チョコ

ということですね。

糖質制限に出会ってもうすぐ3年くらい経ちますが、
それでも未だに、イメージと実際とのズレがあります。

だから、徹底することが大事です!本当に!

友だち追加↑LINE@にご登録頂くと、直接コンタクトを取れます。糖質制限に関することや、 「ダイエットをやる気が出ない」「何を目標にしたらいいか分からない」「モチベーション高めるための仲間が欲しい!」などなど、 質問してみたいことがあれば是非、ご連絡ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です