【33日目】糖質制限 実践記~ゆっくり食べることで見えてくるもの~

どうもkateです!

糖質制限33日目でした。

「糖質制限」と本当の意味で言えるのはここ数日だけな
気がしないでもありませんが(笑)。

まあ、緩めの糖質制限も含むということで!

糖質制限って、危険だとか言われるけど、
個人的な感覚としては、全く問題ない。
どころか、常に体が楽。

元々根っからのデブだった自分にとっては、
食後の眠気や胃の重たさは、
当たり前にあった感覚だけど、

今はそれらがほとんどない。

ちゃんとやれば、リスクもほぼ無くできるのだから
先入観を一旦脇に置いて、やればいいのにな~。
と思いますね。

ただし、ガッツリ肉体を酷使する人は、
実践するかどうかは慎重になった方が
良いかもしれませんが。

自己責任においては、試してみるのはアリ
だと思います!

食事内容、体重

()内は糖質量

昼食:鶏の胸肉300g(0g)
調味料(3g)
わかめスープ(1.5g)

間食:チーズ3つ(1g)

夕食:レバニラ炒め(15g)
餃子の中身だけのやつ(5g)
ネギトロ巻き(0g)

糖質量25.5g⁺隠れ糖質10g
合計35.5g

体重:朝65.0㎏
夜66.9㎏

33日目のまとめ

今日の糖質量はまあまあ少なく行けたかな?

食事量も無理なく大分抑えられている感じですね。

ゆっくり食事をしていると、
味わうことも出来るし、
満足感も、せかせか食ってる時とは
比べもんにならないくらい高いし、

デメリットが一つもない。

味わうことで初めて分かる味もある。
現代では「分かりやすい味」が好まれる。
これは脳の仕組み的にも仕方ないのだが、
そういう食事ばかりになると、
ダイエット的意味でも、かなり不利になってしまう
と感じる。

僕は今、食事量を普段は減らしていっているけど、
糖質制限を始めて間もない人が、

いきなり、食事量のコントロールを目指すのは
おそらく止めた方が良い。

やはり、まずは食事量を減らす事に意識を
向けるよりも、

  • 低糖質
  • タンパク質の摂取

この2点を最優先にして、
それらが普通に出来るようになってから、
始めて食事量をコントロールしはじめるのが、
一番無理が無い。

最初は、2点を守りつつ、
カロリーはある程度度外視でも
構わないとすら思っている。

というか、糖質制限ではカロリー計算はしない。
それを証拠に、僕自身もカロリーなど一度も
気にしたことが無い。

ただ、糖質さえ摂らなければいくらでも
食っていいのか?っていうと、

もちろんそんなことはあり得ない。

さすがにカロリー量にして
6000キロカロリー/日を一般人が摂取したら
食いすぎだというのは誰でも分かると思います。

だから食べ過ぎないための一つの目安として、
カロリーという指標を利用するのはあり。

兎にも角にも、
まずは、

低糖質、タンパク質摂取!

友だち追加↑LINE@にご登録頂くと、直接コンタクトを取れます。糖質制限に関することや、 「ダイエットをやる気が出ない」「何を目標にしたらいいか分からない」「モチベーション高めるための仲間が欲しい!」などなど、 質問してみたいことがあれば是非、ご連絡ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です