【30日目】糖質制限 実践記~食べる量を少し減らしてみたら案外いける感じ~

どうもkateです!

糖質制限も、とうとう30日経過し、
最初の一か月が終わりました。

僕の場合ですと、変化はまだまだ先に
なりそうですが、楽しみがより増してきている
状況でございます!

ダイエットにおいて、
「空腹感との付き合い方」っていうのは、
かなり大事な要素だと思っています。

糖質制限が優秀である理由はいくつかありますが、
そのうちの一つが、

「空腹感との闘いを避ける事が出来る」

というのがあります。

これはダイエットを成功させるには
非常に大きなメリットで、

太った人、つまりダイエットを必要とするような人は、
そもそも食欲のコントロールが普通の人に比べても
出来ていない状況です。
本能のままに喰らう感じですね(笑)

そういう人が、空腹を我慢する戦法を取るのは
賢明ではありません。

無理にでも空腹と闘えば、
負ける確率が高いですし、
仮に勝利してダイエットが出来たとしても、
それがそのまま継続できる保証はありません。

という事で、
空腹と争わない糖質制限は秀逸な
食事法であると言えるかと思います。

もちろん、糖質制限はそれ以上に重要な
メリットがあるので、空腹を我慢する必要が無いというのは
かなり分かりやすく表面的なメリットであることは
理解しておくと良いでしょう。

食事内容、体重

昼食:卵焼き(卵4個分)
鳥の胸肉

完食:ポップコーン少し

夕食:スペアリブ
豚もやし

体重:朝65.1㎏
夜66.0㎏

30日目のまとめ

ここ数日、夕食に関しては、
「最初の食卓に並んだものだけで済ませる」

というちょっとしたルール的なものを作って、
実際にやっているのですが、

夕食後がかなり楽になりました。

今までは、夕食はガンガン食べていて
半ば限界を無視して食っていたような日もありましたが、
よくよく考えたら最初に用意した食事だけで
十分な量があるからこれでも行けるっしょ!
って思い立ち、実際にやったら全然行けたって
感じです。

寝る前に腹が減ることもないですし、
翌日もいい感じに空腹の時間帯があるので、
そういう意味でもgoodかなと感じています。

食事に関する細かいルール作りなんかは、
個々人のライフスタイルによっても
食事のリズムは違うので、誰かほかの人の
アイデアを参考にするのはアリだけど、
真似するよりかは、自分で作り上げていく。
ってことが大事なのかなと思います。

また人によっては、ルールとかそういうの自体が
そもそもあると萎えるって人もいると思いますから、
そういうのも、自分のタイプに合わせてカスタマイズしていくと
オリジナルのやり方が確立されていきます

是非、その辺も考慮してみてください!

友だち追加↑LINE@にご登録頂くと、直接コンタクトを取れます。糖質制限に関することや、 「ダイエットをやる気が出ない」「何を目標にしたらいいか分からない」「モチベーション高めるための仲間が欲しい!」などなど、 質問してみたいことがあれば是非、ご連絡ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です