【22日目】糖質制限 実践記~チートデイで久しぶりに糖質沢山食べた~

どうもkateです!

糖質制限も今日から4週目に入りました。

とはいいつつも、22日目と23日目は糖質制限してないですが(笑)

というのも、ちょっと訳があって
夕食はバイキングでした。

そういうことで、久しぶりに糖質無制限の
日にしました。これまでも寿司を食べた日や、
ポップコーンを食べた日はありましたが、

それでも、以前のように全く気にせず糖質を摂りまくったのは
かなり久しぶりでした。

いわばチートデイというやつですが、
おかげで色々と面白い発見がありましたので、
そちらもお話ししていきます!

食事内容、体重

朝食:プロテイン
ビタミン
あたりめ

間食:鶏のから揚げ
パルム(アイス)

夕食:バイキング↓
刺身(マグロ、サーモン)
寿司(トロサーモン、えび)
ピザ
たけのこご飯
ボンゴレパスタ
エビチリ
麻婆豆腐
えび天
揚げ物(ポテトフライ、白身魚)
味噌汁
ビーフシチュー
ゼリー
バニラアイス
ステーキ
ぶどう

体重:朝65.3㎏
夜計測なし

22日目のまとめ

今日は、夕食のことを考え、2日くらい前から
調整をしていました。そして当日も夕食以外は
ほとんど食べませんでした。

その代り、夕食はあったやつ大体食べたみたいな感じです。
食事内容だけ見るとめっちゃ食ったように見えますが、
実際には、それぞれをちょっとずつ食べた感じなので、
イメージ程多くは食べてないと思います(笑)
それでも、食後はかなりきつかったですが(笑)。

久しぶりにこれほどまでに、糖質祭りでした。
以前の糖質制限を知る前の僕であれば、
何の疑問も持たない食事内容ですが、
今では、考えるだけで恐ろしいです汗。

そして、実際に糖質を結構摂取してみて、
主に2つほど、気付いたことがありました。

最初に「糖質は嗜好品だと体感的に気付いた」
ということです。

これは糖質制限の第一人者である江部康二さんも、
おっしゃっていましたが、
糖質はそれまでは「食事の中心的存在」だけども、
糖質制限を始めたら「嗜好品」と
位置づければ良い。ということでした。
そして、それが今日の自分にとって、
「まさにその通りだな」と思わされる日でした。

糖質を食ってるんだけど、
ずっと俯瞰出来ているような状態で、
「あくまで楽しみとして糖質を食べる」
というような感覚にずっとなっていました。
だから変にジャンキーのような感じになったり、
「やっぱり糖質はやめられねーぜ」なんて
事にもなりませんでした。

以前から、思っていた通り、
糖質制限に慣れていれば、
糖質をあくまで「嗜好品、娯楽」として
扱えるのです。この状態だと、
もはや何の努力感もなく、
切り替えができます。

そしてもう一つは、

「やはり糖質は重たい」という事ですw。

これは地味に聞こえるかもしれませんが、
かなり重要な事です。

いつも肉や魚や野菜の食生活になると
気付かないのですが、食後のお腹の苦しさが
ほぼないのです。(限界まで食べれば別ですが)

しかし、糖質だとやはり容易に重たさが
やってきます。しかも食後数時間がそれが
続く感じです。

体感的には、やはり米などの炭水化物系を含む
糖質の方が、消化には時間とエネルギーを要するようです。

  • 糖質は嗜好品
  • 糖質は消化が大変

この二つは重要な事であると思いますので、
是非参考にしてみてください!

友だち追加↑LINE@にご登録頂くと、直接コンタクトを取れます。糖質制限に関することや、 「ダイエットをやる気が出ない」「何を目標にしたらいいか分からない」「モチベーション高めるための仲間が欲しい!」などなど、 質問してみたいことがあれば是非、ご連絡ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です