自分の軸を持つってどういう事?何で必要なのか?

どうもkateです!

このブログはダイエットに関するブログですが、
今回はちょっと違う話題で行こうかなと思います。

よく世間では、
「個性を活かしなさい」
「自分を持ちなさい」
「自分の頭で考える」
「軸を持つことが大事」

などと言われることがありますよね。

しかしながら、
「個性とは何か?」
「自分の軸ってどういう事?」

というのまでは誰も教えてくれません。

ここでいう、個性や軸というのは
大体似たようなニュアンスだと思います。

他にも、アイデンティティ、ユニークネスなどという
言葉もありますね。

そこで今回は、私なりに、
「自分の軸を持つってどういう意味なのか?」
「個性って何なのか?」

について考えたことを、語っていきたいと思います!

そもそも、自分の軸って何?

そもそも論として、「自分の軸」って何なのか?

もちろんこれは、どこにでも当てはまる普遍の定義では
ありませんが、私個人の感覚としては、

「自らの価値基準で、人生を歩んでいくこと」

という定義が出来ます。

大まかな特徴としては、

  • 世間や他人の目よりも、自分の興味や直感を優先
  • 自分だけの価値観を豊富に持っている
  • 何かしら世間から逸脱した要素がある

というような特徴があると思います。

逆に言うと、軸が無い人は、

  • 自分の興味や好奇心よりも、世間体を優先
  • 他人に流されまくる
  • 「自分は○○だ!」というものがほとんど無い
  • 「普通が一番」と思っている

という事が言えると思います。

軸が無いと、自らの「価値基準」といったものが
無い訳ですから、必然的に世間や他人に主導権を
握られてしまいがちになってしまいます。

では、自分の軸や個性と言ったものは、何故必要なのでしょうか?

自分の軸や個性は何のために必要なのか?

自分の軸や個性といったものは、何のために必要なのか?

それは、突き詰めて考えれば、
自分の軸を持つ理由は、

「人生を最高のものにするため」

と言えます。

では何故、最高の人生を送るには、自分の軸を持つ必要はあるのか?

人は本来、誰一人として「全く同じ人生」を生きている人
というのは存在しません。

同じ日本人同士でも当然違いますし、
もっというと、同じ屋根の下で育った双子同士でも
完全に同じなんて事はありません。

違う人生を生きていれば、違う人間ということが出来ます。

そして、人が違えば、当然「最高の人生とは何か?」という事の
中身が変わってきます。

中身が違えば、当然、最高の人生を送るために追求すべきこと、
大事にするべきことは、誰一人例外なく、それぞれ違うはずです。

他の人にとっては、かけがえのない事であっても、
あなたにもそれが当てはまるとは限りません。

間違いなく最高だと言えるのは、
「自分の価値基準に従って生きている時」
だと言えます。

だから、世間で善しとされている事、他人から見て恥ずかしくない事
などを価値基準として生きてしまうと、

それらが、自分の価値基準と一致していれば、
良いと思いますが、ほとんどの場合、一致していないので、
どこか苦しさを感じるのです。

なので、自分の中で、きっちりと「自分だけの軸」を持っておかないと、

確かに、世間体も悪くない、他人にも嫌われたりしてはいない。
だけど、「心の底から満足はしていない」

という状態になってしまうのです。

本当に心の底から最高と思える人生を送るには、
自分の価値基準、自分の軸

が欠かせないと言う訳です。

自分の軸は、「作る物」ではなく、「出来る物」

自分の軸は大事。とは言っても、
それは意識して作るものではありません。

前述の通り、人は誰一人例外なく、
皆違う人生を歩んでいます。

であれば、その人生を歩んでいく中で、自分だけの価値基準、軸
というものが「出来てくる」のです。

意識的に作ろうとするのは、不自然ですし、
結局他人の目や世間体が邪魔になって作るのは難しいです。

ほとんどの人は、自分の軸が無い

では、自分の軸は出来ていくものなのに、
何故「自分の軸を持て」「個性を持て」などとわざわざ言われているのか?

それは、ほとんどの人は、自分の軸が無い
からです。

よく、「軸がぶれる」なんて表現をしたりしますが、
ブレるという事は軸自体はある。ってことですよね。

でも軸そのものが無いから、ブレようもないのです。

皆、細かく見れば違う人生を送っているはずなのに、
イマイチ個性に欠けていたり、自分の軸が無かったりするのかと言えば、

「普通でいる事がベスト」
だと思っているからです。

「皆がやっているから、持っているから」
「常識的に考えて・・・・」
などのことは、

普通でいたいからこそ出てくる発想だと言えます。

しかし、まだ幼いころは、誰でも自分の軸らしきものは
あったかもしれません。

それが、学校に入り、皆と同じ空間で、皆と同じように教育される。
成績は全て数字で評価され、「平均値」まで出される。
規律を乱す者は、異端者扱い。

恐らく、この「学校教育」というものが、
多くの人が「普通でいる事」に躍起になる原因と言えるかもしれません。

自分の興味や直感に従えば、他人と違う選択や行動をするのは当たり前。

でも、そうしてしまうと、異端者扱いされ、問題児扱いされ、
集団からはみ出てしまい、非常に生きづらくなる。

まだ自分で物事を決断したり出来ない年齢から
そんな環境にいれば、「でしゃばりすぎるのは悪い事」
「普通でいる事が一番安全」
などと思い込んでしまっても無理はありません。

それが何年も続けば、あらゆる価値基準が、
「自分の興味や好奇心、直感」ではなく、
「世間的に普通か?恥をかかないか?常識的か?」
に基づいてしまいます。

そして、段々と興味や好奇心を持たなくなり、
直感はどんどん鈍っていく。
その結果、どこにでもいるような「個性のない人」
になっていく。

たまに運よく、興味や好奇心に従って生きてこれた人が
少しはいる。といった状況になっています。

そう考えれば、「自分の軸が無い」というのは、
ある意味で言えば仕方ない事であると言えます。

しかし、一つ大事なことは、
多くの人が求める「普通」というのは、存在しません。

万人が共有する普通なんて、存在しません。

みんなが存在すると錯覚しているだけです。

よくよく観察してみれば、同じように「普通が良い」と思っている人
を見てみても、その「普通」の中身は人それぞれ微妙に異なります。

だから、「自分は普通で安心」と思っていても、細かく見れば、
100%同じ「普通」を共有している人はいません(笑)。

では、最高の人生を送るために必要な「自分の軸」を
持つためには、どうしていけば良いのでしょうか?

自分の素直な興味や直感に従う

そもそも、多くの人は(私も含め)自分の軸が無いと
言ったけど、実はそんな人でも、「自分の軸を持つ」事が
心底嫌な訳ではありません。

それが現れているのは、例えば、
漫画やアニメ、ドラマや映画、スポーツ、歌手など、
何らかの好きな物があると思いますが、

そのあなたが好きな物に出てくる人って、
「無個性」ですか(笑)?

多分違いますよね。

ワンピースのルフィが、
「生まれ育った、村で静かに暮らしていく物語」
だったら、あんなにヒットしないですよねw

「海賊王を目指す」というスケールの大きな目的に
向かって突き進む姿が、読者の心に刺さるのだろうと思います。

でもそういうものが好きになったり、惹かれて行ったり
するのは、少なからず、そういった何らかの
「普通でない人生」に憧れているから。であると個人的には思います。

本当に心の底から、「普通の人生以外は下らない!」
なんて思っていたら、

ワンピースを見て、感動なんてしませんし、
歌手を見ても、「何でただ歌うだけであんな稼いでるの?」
とか、スポーツ選手を見ても、「何でスポーツしてるだけで金もらってるの?」

みたいな冷めた目でしか見れないハズです。

何らかの物に感動できるのは、
「その人の中に何かしら大事にしたいものが秘められているから」
と言えると思います。

だからそういう人たちは、まだ興味や好奇心は
死んでいません。

じゃあ、自分の軸を持つにはどういうことをしていくのか?

少しでも興味のあるものから徐々に広げていく

さすがに、ほとんどの人は、どんなに小さい事でもいいから、
「何かしら、興味のあることややってみたい事」があると思います。

めっちゃ些細な事であってもです。

まずは、それらに手を出してみると良いです。

そして実際にやってみて、
「意外とそうでもないな」と感じれば、

次に移れば良いですし、

「これは面白い、楽しい」と思えたものがあれば、
それを起点に興味のある事を広げて行けば良いのです。

この時に大事なのは、
「金になるか?他人から見てどうか?意味があるのか?」
などとは考えない事です。

ただし、いきなり大それたことは億劫になるかもしれませんので、
本当に最初は、
「いつもやらない皿洗いをやる」
「いつもとは違うルートを歩く」
「誰かに何らかのプレゼントをしてみる」

とかホントに小さなことでも、他人から見ればしょぼそうな事でも、
やってみてください!

ゴールを立てる

自分の興味のある事、趣味、直感が一切分からないよ。

と言う人もいるかもしれません。

そういう場合は、とりあえず、
「世間で善しとされている事でも、他人受けを狙ったものでも
何でも構わないからとりあえず、何らかのゴールを立てる」

事です!

「えっ?世間体とか他人の目は気にしないって話じゃないの?」
って思うかもしれませんが、

自分の興味が分からないって人は、
単に、常識とか世間体がいくつもの分厚い層になって
覆い隠しているだけである場合も多いです。

そういう時は、いきなり自分の価値基準で何かを
決めるのは無理に等しいですから、まずは、
何でもいいからゴールを立てる事です。

犯罪などでなければ、どんなにえげつなく思える事でも
良いと思います。

別に、昇進を狙うでも、金持ちになるでも、異性にちやほやされるでも、
何かの勝負に勝つでも、誰かを見返すでも。

ただし、とりあえず「こうなったら良いだろうな」と思える
ものにする必要があります。

そもそも望まないものは、ゴールに向かう気力が出ませんから(笑)。

そして、大事なのはここからで、

その立てたゴールを達成してみて、
「コレジャナイ感」みたいのがあったら、

おそらくそれはあなたの興味や直感には沿わないもので
あるという事です。

例えば、過去に何かしら悔しい思いをさせられた人がいて、
何らかの方法でその人を晴れて見返せたときに、

「最初思ってたほど、嬉しくないな」
と思ったら、その人を見返す事は、自分にとっては
望みではなかったかもしれません。

もしくは、「見返す事そのもの」ではなく、
「見返すことで得られる何かしら」が本当は望みだった可能性もあります。

これを繰り返していけば、
「これはいいな」と思う物と、
「これは世間的には良いとされてるけど、自分には微妙だな」

という事が見えてくるようになります。

そうすれば、昔諦めた何らかの趣味や夢、
もしくは、新たに夢などが出来るかもしれません。

それは、紛れもなくあなたオリジナルのものですから、
それをやっていけば、「自分の軸」「個性」と言ったものが
気付かないうちに、生まれてきます。

自分では当たり前の事をしているだけなので、
「自分ってマジ個性的だわー」なんて思う事はありませんがw、

周囲から見れば、何かしらがユニークに映るので、
結果的に「個性がある」と判断されます。

自分の好きな物が、何故好きなのか?を考えてみる

次に、「自分の好きな物が、何故好きなのか?を考えてみる」
というのもおススメです。

例えば、好きなスポーツ選手、歌手、アニメ、ドラマ
があるとしたら、恐らくそこには何らかの共通したものが
あるのです。

私の例で言いますと、
ナルト
ワンピース
ドラゴンボール
スラムダンク
メジャー
キングダム

などと言ったアニメが好きなのですが、

これらの共通点として思い浮かぶのが、
「情熱」
「スケールの大きさ」
「異端児」

というイメージが湧いてきます。

という事は、私はこういったイメージの何らかのものを
求めている可能性がある。

という事が予想できます。

大事なのは、「自分がどういう共通性を見出したか?」
ということが大事です。

「あの人が、この作品とこの作品はこういうところが似てる」
という話は無視してみて、

素直に、自分が好きな何かしらが、
「何故好きなのか。どういうところに惹かれているのか?」
というのを分析してみることです。

「何か趣味を作れ!」などと急に言われても、
中々難しいと思いますが、

既に好きな物から、その理由を探り、共通点を
見出すなら、誰でも取り組みやすいのではないかと思います。

そして、見つけた共通点が、恐らく
あなたが望む大まかな方向性になる可能性は高いです。

そしたら、その方向性に沿った、何かを探していけば良いのです。

自分の歩みで形成していく

ここまで、「自分の軸」「個性」といったものに関して、色々
話してきましたが、

自分の軸を形成していくうえで最も大事なのは、

「自分の歩みで形成していく」
って事です。

誰かに「個性を活かせ!」とか、「軸を持て!」
と言われて作った個性や軸は脆いし、自分の中では違和感だらけな
ハズです。

そうではなくて、誰かの指示で仕方なくやるんじゃなくて、
自分でやる

って事を、大前提としていきましょう!

キングダムハーツという、スクウェア・エニックスとディズニー作品の
コラボされたゲームがあるのですが、

その中で、
「心が命じた事は誰にも止められない」

というセリフがあります。

これはまさに、自分の軸を持った人の生き方を表しています。

私自身も、まだまだ未熟ですが、

心が命じた事は誰にも止められない。ような人生を
目指していきましょう!

友だち追加↑LINE@にご登録頂くと、直接コンタクトを取れます。糖質制限に関することや、 「ダイエットをやる気が出ない」「何を目標にしたらいいか分からない」「モチベーション高めるための仲間が欲しい!」などなど、 質問してみたいことがあれば是非、ご連絡ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です