「行動力」という能力は必要ない

どうもkateです!

あなたは「行動力」を活かして次から次へと色んな事をこなしてしまう
人を羨ましい!と思ったことはありますか?
またはそういう人を見て自分の「行動力」のなさを嘆いたりしたことはありますか?

世間では、
「とにかく行動が大事」
「行動が全て」などと、
行動することが何よりも大事であるかのような風潮がありますよね。

確かに行動することは大事ですよね。
何かをやろうとしても頭の中で妄想していれば勝手に
物事が進んでくれるなんてことはないわけですから。
これは間違ってませんよね。

ただ、「とにかく行動せよ!」と説かれて、
「よっしゃ!やったるぜ!」となれる人はそう多くはないのではないでしょうか?

また、更にいうと行動が出来てもそれを継続できない人も沢山いますよね?

だからごく一部の行動をして、更にそれを継続できる。
そんな人を見て、いわゆる「行動力のない」人達は、
「どうせ自分には行動力なんてないんだ!行動し続けられるのは限られたごく一部の人だけなんだ!」
と更に自分の行動力を下げるようなことを考えてしまいます。

僕も気持ちは分かりますwあいつはすいすい動けてるのに
何で俺はやる気が出んのや?なんてこともザラにありますw

でもここで言いたいのは、
「行動は結果である。」ということなんですよね。
だから、「行動力」なんて能力に対して嫉妬したり、
自己嫌悪したりする必要って実は全くないんですね(笑)

そんな話をしていきます!

行動とはセルフイメージの結果

行動力がないと思っている人は、何か新しい行動をするのが
非常に「苦行」とか「難しいこと」であると考えていると思います。
だからこそ、そんな大変なことを「行動力のある奴ら」は難なく
行動できることに対して、とてもじゃないが自分には真似出来ない所業であると
思ってしまうわけですよね?

でも、その両者をわけるものが実は
「行動力の差」なんかではなく、単純に
セルフイメージ(自分が自分に対して持っているイメージ)に沿っているだけ。
だとしたらどうでしょう?少し見方が変わってはこないでしょうか?

めっちゃ簡単にいうと、
行動出来る人は「自分が行動できる人間である」というセルフイメージが
あるのに対して、行動出来ない人は「自分は行動力がない」というセルフイメージを
持っている。というだけの話なんですね。

もちろんこれらは頭の中で意識的に考えてる事じゃなくて、
無意識的に、繰り返し刷り込んでることなんですね。

じゃここで疑問なのが、「行動力のある人」は「行動できる自分」という
セルフイメージをどこかで刷り込む訓練でもしてたのか?

答えは、偶然そういう訓練になっていた。ということはあるけど、
意識的にそんな訓練はしてない。
ということなんですね。

では、一体「行動力」はいかにして差がつくのでしょうか?

行動とはゴールからくるもの

先ほど、行動とはセルフイメージに沿ったものに過ぎないと言いました。
じゃあそのセルフイメージはどのようにして形成されるのか?

もちろん要因としては何か一つということはありません。
例えば、生まれ育った環境はかなり大きいです。
家庭環境であったり、どういう友達を持ったか?なんてことが
かなり響いてきます。「行動力を発揮している」人達が集まっている集団の中に
いれば自分も自然にそうなっていきます。
それは逆も、また然りという話です。
ただ、これは今更どうしようもないし、考えすぎると
「俺は生まれに恵まれなかった」なんていう、全く意味のない
過去に拘泥されてしまいます。

ここでは、今すぐどんな環境にいても実践できることでいうと、

「どんなゴールを持っているか?」なんですね。
そして実を言うと、生まれ育った環境とかよりもこっちの方が
重要であったりします。

ダイエットを例に考えていきたいと思います。
仮にAさん、Bさん、Cさんがいたとしましょう。
三人とも、これからダイエットに取り組むとします。
そしてそれぞれの目標は
A「何となく痩せたい」
B「着たい服を着れるようにしたい」
C「モデルとして活躍したい」
という感じとしておきます。

3人のゴールについて、軽く補足すると、
Aさんは、痩せたいとは何となく思っているけど別に特に何か目的があるわけではない。
Bさんは、何らかのきっかけで着たい服が出来た。しかし今のままではそれは格好よく着ることは出来ない
だからダイエットを行うことにした。
Cさんは、今まで、「美意識」という言葉に全く無縁な人生であったが、あることがきっかけで
何故かモデルになりたいと強烈に思うようになる。ところが現実は美意識のかけらもない身体をしている。
だから、ダイエットくらいして当然!と思っている。

こんな感じの背景があるとします(笑)

ゴールが決まると、それによって「どういう自分であるべきか?」
ということが決まります。それでセルフイメージが決定されます。
Aさんは「とりあえず簡単にやれそうなダイエット法を探し
、出来れば苦痛を一切伴わない楽な方法をだらだらと探している」という
セルフイメージが出来ました。
Bさんは「自分は体重何キロで、あの服を華麗に着こなしている」
というセルフイメージが出来ました。
Cさんは「モデルになるくらいだから、ただ痩せるだけでは当然不十分。
必要に応じて筋トレなどを行って体全体のラインを整える。ダイエットは通過点でしかない」
というセルフイメージができました。

そうすると、行動はセルフイメージに沿った結果に過ぎない。という
法則から、
Aさんは「実際に食事管理するのは面倒だし、運動もしたくない」と
思っているので、中々それらのことが出来ません。たまに重い腰を上げて
実践できたとしても、三日坊主どころか1日も持たず。
Bさんは、目標体重も決まっており、それが自分にとって一番相応しい体重であるため、
それを実現するように努力感なく食事管理や運動などをしている。
むしろ、それはゴールの実現への道であるため、日々新鮮な気持ちで楽しい。
Cさんは、ダイエットは当然のことながら、活躍しているモデルが一体どのような
生き方をしているかを研究したり、より良いスタイルになるためには何が必要か?
ということを研究する。そして当然それらが楽しくて仕方がない。

その結果、はたからみると、行動力にはそれぞれ歴然とした差がある
ようにみえ、Aさんは「行動力のない人」Bさんは「努力家」Cさんは「宇宙人並の行動力がある人」
として見られるのです。

これはほんの一例に過ぎないが、ものすごくわかりやすく言うと、
これが世間でいう行動力の差と呼ばれるものの正体である。

率直にいうと、中々行動できない人というのは、
決して「行動力がないから」でも「体力、気力、根性が足りないから」でもない。
単純にゴールがないのです。
言い換えると「何のためにそれをやるのか?」というのが無い。
ということです。人間はゴールの無いマラソンを走ることは出来ません。
どこでもいいからとにかく自分が好奇心を感じた方向にゴールを設定し、
そこに向かって歩む。
それがあるか無いか、それが「行動できるか、継続できるか?」を分ける。

もちろん、高いゴールを設定したからといっていきなり
火が付いたように行動力が上がるとは限らない。というか
多くの場合はちょっとづつ変わっていくものです。

ただ、「自分には行動力がない」と悩むことがいかに
無意味で自分を更に制限してしまうか?ということが
少しでも伝われば良いと思います。

慌てて何かをやろうとするより先に、
自分がどうなりたいか?何故そうなりたいか?
そのためには自分がどうなっていれば良いか?などを
しっかり考えることが、結果的には
「行動力の高い人生」に繋がっていきます。

参考になれば幸いです!

友だち追加↑LINE@にご登録頂くと、直接コンタクトを取れます。糖質制限に関することや、 「ダイエットをやる気が出ない」「何を目標にしたらいいか分からない」「モチベーション高めるための仲間が欲しい!」などなど、 質問してみたいことがあれば是非、ご連絡ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です