私が糖質制限をしている理由

どうもkateです!

このブログでは、
糖質制限について書いていることもあり
当然僕自身も糖質制限を実践してるんですが、

実を言うと、僕は糖質制限はただの手段でしか無いと
思っており、糖質制限を過剰に支持したり盲信したりしてるわけではなく、
かといって無闇に否定しているわけではありません。

それでも、現時点では糖質制限が有効だと思うから
実践しています。

その理由をお話ししていきます。

糖質制限をダイエットだけのためにやってない

まず、なんといってもこれなんですが、
僕は実は当ブログで「糖質制限」と表記することはあっても、「糖質制限ダイエット」と表記したことはほとんどありません。まあ便宜的にそう表記することはあるんですが。

で、その理由が、
“糖質制限をダイエットのためだけにやってるわけじゃないから”に尽きます。

巷では、糖質制限というとダイエットのイメージが
出てくると思うのですが、はっきり言うと、痩せたいだけならば他にも手段は数多くあるかと思いますので、
わざわざ主食からお菓子まで辞めなきゃいけないような
糖質制限を採用するのは、決して必然的では無いように思います。

当然、ダイエット効果もあるのですが、
僕の実体験や他の多くの実践者の声からするに、
糖質制限はむしろダイエット以外の部分で大きな変化が出るのかな?という風に感じてます。

僕の個人的な例でいうと、
今は冬場ですが、
高校生くらいまでは、冬から春にかけて
乾燥肌、鼻詰まり、くしゃみ、鼻水、花粉症に
悩まされてきましたが、糖質制限を初めてやった後からは、これら全てが緩和、もしくは完全に無くなりました。

実際にこれらの症状に、悩まされている方ならわかるかと思いますが、結構辛いです。
出かける時は、必ずティッシュをそれなりの量持ち運ばなければならないし、電車の中とか授業中とか、
そういう静かな空間の中でずっと爆音のようなくしゃみをしたりw 医者に行って薬をもらったり、
物理的にもキツかったですが、それ以上に精神的に余計に気を遣ったりして、すり減らしてました。

しかし、それが糖質制限によって食事が大幅に変わったために解放されたのです!

当時の僕は、これが自分の体質なんだなー。と思い込んでおり、まさかそれを解消する方法があるとは夢にも思ってませんでした。

思えば、僕は糖質制限を始めるまでは
あまり肉を好んで食べることがなく、食事のほとんどが
糖質であったと記憶してます。

そこが変わっただけで上記のような症状に変化が見えたので、まるで世界が変わったようでした。

他にも、
糖質制限をしたことで、食べることばかり考えていた以前とは違って、今は無駄な食への興味を持たずに済んでいるので、
買い食いを沢山してお金を無駄遣いしてみたり、
お腹すいてるわけでもないのに、食べることに時間を割いてみたり、ということが無くなったように思います。

このような側面が僕が今でも糖質制限を採用している
理由であり、まだまだ体質の向上が目指せるとも考えてます。

糖質制限を単なるダイエットとしてしか見ないのはもったいない

前述の通り、糖質制限による恩恵は、
決してダイエットだけに留まるものではなく、
自分の何年も悩んできた症状などにも大きく変化をもたらします。

しかし、糖質制限をただのブームになってるダイエット法のうちの一つだと捉えてしまうと、それらの可能性を見落としてしまう恐れがあります。

それは非常にもったいない事です。
何故なら、つまるところダイエットの目的は「より良い人生を送るため」だと思うのですが、糖質制限はダイエット以外の側面でも、その目的の実現の強力なツールで、あるからです。

そして、多くの人にとって糖質を抑え、タンパク質を豊富に摂取するという食事はあまり馴染みのあるものではないと思います。
だからこそ、糖質制限を実践することで絶対に何らかの違いが出るように思います。

自分には、大して意味が無いと思えば止めればいいだけですし、もし何らかの悩みが解消されるような事があるならば、それは非常に素晴らしい事では無いでしょうか?

友だち追加↑LINE@にご登録頂くと、直接コンタクトを取れます。糖質制限に関することや、 「ダイエットをやる気が出ない」「何を目標にしたらいいか分からない」「モチベーション高めるための仲間が欲しい!」などなど、 質問してみたいことがあれば是非、ご連絡ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です