糖質制限ダイエットはいきなり厳しくやった方が上手くいく理由

どうもkateです!

これまで、ダイエットに挑戦してみたり、あるいはこれからやってみようかな!
と思っている人は、ダイエット法の一つとして、

「糖質制限ダイエット」
というのを聞いたことがあるでしょう。

この糖質制限ダイエットというのは、簡単に言いますと、
「糖質と呼ばれる栄養素をカットし、その代りにタンパク質や脂質などの栄養を摂取する」
というものですね。

”制限”という名前の響きからか、単純に糖質を制限して、
それで終わり。みたいなことをやっちゃってる人もいて、
それで失敗してしまうパターンの人も結構いるかと思いますが、
前述の通り、糖質をカットして終わりでは無く、
タンパク質などの栄養素をしっかりと摂取するのです。

なので、米やパンなどは食べられませんが、肉や魚といったものは、
ある程度であれば量を気にせず食べる事が出来るので、
空腹を我慢しなくても良いダイエット法としても人気があります。

そして、いざやってみようという時に、
「具体的にどのくらい糖質を制限すれば良いのか?」
という疑問を感じられたりするかと思います。

糖質制限について調べてみると、
「糖質は徐々に減らして、慣らしながらより厳しく制限していきましょう!」
「最初からいきなり厳しく糖質をカットしましょう!」
などと、様々な情報が溢れています。

そこで今回は、私が思う、
「糖質制限が最もうまく行く手順」について語っていきたいと思います!

糖質制限はいきなり厳しくやる方が良い

はい、早速私の結論ですが、
「糖質制限はいきなり厳しくやる方が良いですよ!」
という事です!

つまりは、最初からいきなり徹底して糖質をカットし、タンパク質などの摂取を心がける。

という事ですね。

これは米やパンなどの炭水化物を一気にやめる。
という事を意味するので、
「そんなのいきなりやるのは無理ゲーじゃないか?」
という風に思われるかもしれません。

確かに、私たちは、
「継続は力なり」
「塵も積もれば山となる」
「千里の道も一歩から」
などの、
「コツコツと努力していく」
という事の大事さを知らず知らずの内にどこかしらで学んでいます。

そして、その教えに従えば、
「最初はまず夕食だけ糖質を減らして、そこから慣れてから
徐々にカットしていけばよい」
という発想になるのも無理はありません。

もちろん、こういったやり方でも上手く行く方はいらっしゃいます。

しかし残念ながら、糖質制限においては、
「コツコツ型」の方が逆に大変だったりします。

その理由は、
「糖質には依存性があるから」
なんですね。

この依存性から、「コツコツ型」よりも「一気に変える型」の方が
かえって楽に糖質制限を実践出来たりします。

糖質の依存性を舐めてはいけない!

前項では、糖質制限は、徐々に厳しくしていく方法よりも、
イキナリ厳しくやった方が上手く行きやすい。
という話をしました。

例えば、糖質制限を実際に始めて、
最初は「夕食だけ米抜き」という方法をとったとしますよね。

これは一見すると楽に出来そうです。

しかしこの方の場合は、夕食以外の食事ではいつも通り糖質を摂取するわけです。

ですので、糖質を摂取しない時間というのがあまりありません。

こういう状態が続くと、糖質依存の状態から、脳が脱するのが難しいのです。

糖質制限を成功させるには、「いかにして糖質依存から抜け出すか?」
というところが大事なポイントになってきます。

そして、依存状態から抜けるには、やはりそれを摂取しない時間を作るしかありません。

なので、この観点から言うと、「1食だけ糖質抜き」というのは、
自分で難易度を上げてしまっている状態であると言えます。

逆に、一気に「全食、糖質抜き」をやると、
大体数日から数週間で糖質依存が抜けていきます。

一旦、その状態から抜けていくと、
「炊き立ての白飯が食べたい」などの欲求が消え失せます。

そうしたら、必然的に継続するのに努力は要らないので、
後はダイエットの成功は時間の問題である。

ということなんですね。

ずっと糖質を欲している状態を維持したまま糖質制限を続けるのは
結構ストレスにもなりますし、挫折してしまう可能性も高いです。

なので、あえて最初からフルで厳しくやって、糖質への欲求を無くし、
無理なく継続することが出来れば、「辛くないダイエット」
というものが実現していくわけです!

本質的には、ダイエットはマラソンなので、継続さえできれば良い

ここまでは、「糖質制限はいきなり厳しくやった方が良い。何故なら、
糖質には依存性があり、それから抜けるにはある程度の期間糖質を抜く必要があるから」

という話をしてきました。

しかし、ここまで言っておいてなんですが、
「初めから厳しくやるのか?」
「緩い制限から始めて徐々に厳しくしていくのか?」

というのは、ぶっちゃけどっちでも大丈夫です。

本質的には、「継続が出来るかどうか?」
というところだと思ってください。

ダイエットは100メートル走のように、全力で短期決戦で駆け抜ける物では無く、
マラソンのように、すぐに息切れしてしまうようなスピードで走るのではなく、
走り続ける事が大事だからです。

あなたのライフスタイルによっては、
3食ともに糖質抜きを実践するのが難しいケースもあるかと思います。

もちろん今まで話してきたように、全部の食事で糖質をカットした方が
糖質制限を成功させやすいのは事実なのですが、

事情によってそれが中々難しい場合でも諦める必要はありません。

要はマラソンのように継続が出来れば良いのです。

別にダイエット目的でなら、「夕食だけ糖質抜き」でも
痩せていくことは可能ですし、日によっては糖質をカットするのが
難しい場合でも、そういう日がたまにであるなら、
ダイエットには支障がありませn。

なので、「自分が継続さえできれば良い」
のです。

ただし、糖質制限の場合は、一気に厳しくやった方がかえって楽だし、
それが可能ですよ。
というお話をしました。

これが運動とかであれば、話はまた別です。

例えば、ジョギングで1㎞走るのも厳しい人が、
いきなりフルマラソンを完走するのはかなり厳しいです。

あるいは、野球のバッティングで、球にすら当てられないのに
狙ってホームランをいきなり打つのは無理ですよね。

運動だとこのように、一気に変える。という事がほぼ出来ません。
しかし、食事であればそれが可能です。

今までは3食全て糖質まみれだったところからいきなり
糖質をカットし、肉や卵や野菜の食事に変える事は出来ます。

実際、私自身は、完全に「一気に変える型」でした。

そして、面白いように体重が減り、食事の趣向まで変わりました。

おかげで今では、もう糖質制限に出会う前の自分に戻ってしまう事は
ほぼ有りえないと言って良いでしょう。

イメージ的には、大変そう。と思うかもしれません。
しかし実際にやってみると、また違った感覚になると思います!

是非、「マラソンのように継続していく」
ということを前提にした上で、一気に厳しくやる事を
考えてみてください!

友だち追加↑LINE@にご登録頂くと、直接コンタクトを取れます。糖質制限に関することや、 「ダイエットをやる気が出ない」「何を目標にしたらいいか分からない」「モチベーション高めるための仲間が欲しい!」などなど、 質問してみたいことがあれば是非、ご連絡ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です