糖質制限はリバウンドするのか?その原因と対策

どうもkateです!

ここ最近は糖質制限の実践記を毎日
書かせてもらってますが、

久しぶりに実践記以外の話をしていこうと
思います!

今日の話は、糖質制限ってリバウンドするのか?
って話です。

あなたは糖質制限を既にやってますか?
それともこれからやるという段階ですか?

どちらにせよ、ダイエットとして糖質制限を
取り組むのであればリバウンドするかどうか?
ってのはすごーく気になるところなんじゃないかな。
と思います。

今日はそこらへんを話していきます!
ちなみに、「リバウンドは避けたいが、そのために何か工夫する事は
したくない」というような、他力本願な方には
お役に立てるような内容にはなってないと思うので、
ここでページを閉じていただくことを推奨致します。

糖質制限をやってもリバウンドすることはある

糖質制限を実践した先にリバウンドする可能性があるのか?
結論を言うと「あります」

ここで改めてリバウンドの定義は、、、、

リバウンド=ダイエットを始めた時よりも体重が増えちゃってる状態
ということにしておきます。

糖質制限は、
「空腹を我慢しなくても良い」
「取り組みやすい」
「肉などは我慢せず食べることが出来る」
等の利点から始める人も多いと思います。

実際僕自身も空腹と闘うのは賢明ではないと
思っていたこともあって、めっちゃいいじゃん!
って感じました。

確かに、それらの利点は間違いではないです。
しかし、
取り組みやすい、結果を出しやすいからといって、
イコールそれがリバウンドしない。
という話にはならないのです。

糖質制限だからといって、
自動的にリバウンドしなくなるなんてことは
無いし、それは他のどんなダイエット法と
同様です。

それに糖質制限を止めてしまえば、
当然リバウンドします。

リバウンドしてしまう原因とは?

では、糖質制限が「比較的取り組みやすいダイエット」であるにも
関わらず、何故リバウンドしてしまうのでしょうか?

原因➀:そもそも体質的に糖質制限が合わなかった

糖質制限とは、簡単に言っちゃえば
糖質を出来るだけカットして
代わりにタンパク質や脂質を多く摂る。ということです。

ですので、そもそも論として
その食事法が先天的か後天的にかは分かりませんが、
自分には合っていなかった。ということです。

この場合は、リバウンド以前に糖質制限でダイエットできるか
分かりませんが、仮に出来たとしても身体にリスクが大きくかかってくると
思うので、その気がありそうだったら、
迷わず専門医の方に診てもらって、糖質制限は
自分にとって行っても大丈夫なものなのか?
というのを確認してください。

自己判断じゃいけません。絶対に!

原因➁:糖質を我慢してた

正直な話、リバウンドっていう話になると、
原因➀のケースは少数派だし、これを読んでいる人の
多くがこちらだと思われます。

で、「糖質を我慢してた」というのはどういうことか?
って言うと、日々糖質制限を行っていく中で、
糖質を摂取出来ないのが辛かったけど、
それでも根性で頑張って結果を出した。

ということです。

この場合だと、当然我慢してダイエットしてるわけですから、
結局他の根性を必要とするダイエット法と変わらないので、
目標の体重になったらモチベーションが切れ、
大好きな糖質を爆食してしまうわけです。
その結果当然ながら、リバウンドします。

率直に言って、
「人間は我慢は続かない」のです。

リバウンドの対策は?

では、糖質制限でリバウンドしないためには
どう対策したらいいのでしょうか?

ここでは、
「原因➁:糖質を我慢してた」
という方に原因を絞って、対策を考えたいと思います!

対策➀:タンパク質などの栄養をしっかり摂る

糖質制限のよくある失敗パターンとして、
「糖質を制限して代わりに何も摂取しない」
というのがあります。

これには「早く痩せたい!」とか
「ダイエット=カロリー制限」とか
そういったような、思い込みとかが
そうさせてしまうと思われるのですが、

それだと、ほぼ間違いなく
空腹との闘いになりますし、
人体に最も重要と言っていいタンパク質が
欠けると、糖質が何故だかめっちゃ欲しくなります。

だから、まずは自分の食事内容を見直し、
「タンパク質(他にも脂質やビタミンなど必要に応じて)を摂れているか」
というのをチェックしてみてください!

タンパク質を豊富に摂取した時に、
糖質への欲求がどう変化するかを確かめてみてください。

対策➁:目標を見直す

「目標を見直すことで糖質が欲しくなるんかいな?」と
思われた人もいることでしょう。

しかしこれは関係大アリです。

何故かっていうと、
糖質制限をする人はそもそも
「糖質が好きだから」です。

そして、「日本人にとって米は命だ」などと
一部では言われるように、
日本人は一般的にかなり糖質が好きです。

中には、それらを食べたりすることが生き甲斐という人まで
います。

それほど、好きな糖質を
「ただ体重を数キロ減らしたい」とか
そういう動機で、制限するのはかなり無理があります。

自分の体で走ってくる電車を止めようと
するようなものです。

だからこそ、「我慢」するという感覚が強くなってしまうのです。

そこで、「目標を見直す」という方法があります。

そもそもダイエットって、
「痩せる為」「健康になるため」に
やるんでしょうか?

一般的には、それらを目標や動機にする人は
多いかと思います。

しかし、ダイエットするのは
「痩せた自分が何かやりたいことがある」
「健康になってやりたいことがある」から
ですよね?

逆に言えば、それらが無いのであれば
無理にダイエットに取り組む必要はありません。

今まで、
「体重何キロ」とか
「ウエスト何センチ」とかそういう目標に
してた人は、是非
「痩せて何をしたいのか?」
「健康になって何をしたいのか?」
ダイエットのその先の事をゴールにしてみてください。

そうすることで、必然的に
以前のように「本能の赴くままに食べる」と
いう習慣が無くなり、その結果自然とリバウンド
しなくなります。

終わりに

もちろん、細かいものを含めれば
他にももっと沢山原因とか対策法はあるかもしませんが、
大体は上記の事に集約してきます。

大事なことは、
糖質制限だからといって
決して「楽では」無いですし、
気を抜けば当然リバウンドはします。

そもそもダイエットは
あくまでも手段であり、目的ではありません。

それは糖質制限も例外ではないです。

ですので、長期的な視野で、
手段と目的を混同することなく進んでいきましょう!

大変なことや、価値観を変えざるを得ない事、
そういうことも当然訪れるでしょうが、
それを「成長のチャンス」と捉えて、
楽しんでいきましょう!!

友だち追加↑LINE@にご登録頂くと、直接コンタクトを取れます。糖質制限に関することや、 「ダイエットをやる気が出ない」「何を目標にしたらいいか分からない」「モチベーション高めるための仲間が欲しい!」などなど、 質問してみたいことがあれば是非、ご連絡ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です