「痩せたきゃ食うな」って本当のところどうなの?

太ったあることがある人ならもしかしたら言われたことが
あるかもしれない、

「痩せたきゃ食うな」というセリフ。

私も同じような事は一回くらいは言われたことあるかもしれません

「食いすぎ=栄養摂りすぎ」は間違い

この言葉には、
「太っている=食いすぎ=栄養摂りすぎ」という
意味が前提として込められている。と考えて良いと思います。

確かに、
「太っている=食いすぎ」に関しては、
多くの場合当てはまるかもしれません。

しかし、
「太っている=栄養の摂りすぎ」は
どうでしょうか?

「その通りだ!」と思われるでしょうか?

もしそう思われたなら、それは重大な思い違いをしています。

日本は豊かな国であるので、
ほぼすべての国民に食料が行き渡り、
餓死するということが滅多には起こりません。

そういう状況もあって、
「生きるのに必要な食事量を摂っている
=栄養が足りている」
という図式が成りなっている方も多いかと思います。

だから、日本人は少なくとも栄養失調の人なんて
いないはずだ。と。

だけど実はこれ間違いなんです。

沢山食べている人が、栄養を摂りすぎているから
太るのか?というと、多くの場合違うのです。

逆に、(必要な)栄養が足りてないのです。

「痩せたきゃ食うな」という言葉は、
実は間違いだと。いうことです。

確かに、「痩せる」ということだけを考えるなら
食わなきゃ痩せますよね。確実に。

でもそれって長続きしますかね?
おそらく、続かないと思いますし、
食わない状態続いたら倒れちゃいます。

だから痩せたいなら「食わない」ってのは
現実的な選択肢ではないってことです。
(まあ一時的なら個人の自由でやってもいいとは思います!)

痩せたいなら、「食う」と良い

じゃあ、食べずに痩せる以外の方法でどうしたらいいのか?

それは簡単で、
「食べること」です。

「?食べてるから太ってるんだろ?」
と思われたなら鋭い!と言いたいです。

でももっとちゃんと言うと、
「必要な栄養を確保できるように食べること」
です!

だから、太っている人は、
食べ過ぎているからというよりも、
逆に必要な栄養が足りてないから太っている。
ということになります。

ここで考えてみたいのですが、
沢山食べていて太っている人は、
太っている原因が「食べ過ぎだから」と
思うのが普通だと思います。

でも実は本当の原因は、
食べ過ぎたくなってしまう衝動」の方にあったり
します。

だってそうですよね?
「食べ過ぎ」の方を変えようとしても、
おそらくつらいでしょうけど、
「食べ過ぎてしまう衝動」を変えることが出来たら
必然的に食べ過ぎってのは止まりますよね?

だから、変えたいのは後者の方であります。

じゃあどうしたらいいのか?

それが、
「必要な栄養を摂る」
ということです。

ご自身の食事パターンを見てほしいのですが、
・ほとんど炭水化物ばっかり
・肉や魚は避けている

ということはないですかね?

日本人は結構
炭水化物ばっかりの食事になりがちなんですけど
それだと、タンパク質が全然足りていません。

一応米にもタンパク質は入ってますけど、
ほとんど無いようなものです。

もし、食べ過ぎてしまう。
というのであれば、
「タンパク質を摂って、糖質を減らすこと」をやってみてください。
そうすることで、食欲が暴走しにくくなってくるはずです。

↓栄養についての記事がこちらです。
https://truetomysense.com/nutrition/nutrition-is-important

友だち追加↑LINE@にご登録頂くと、直接コンタクトを取れます。糖質制限に関することや、 「ダイエットをやる気が出ない」「何を目標にしたらいいか分からない」「モチベーション高めるための仲間が欲しい!」などなど、 質問してみたいことがあれば是非、ご連絡ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です