ダイエットは完璧主義にならなくても上手く行く

ダイエットをする。

と決めた時に、真面目な人ほど、

オールオアナッシングとばかりに、

完璧に食事を変えたりしようとします。

実際、私自身が、結構「0か100か」みたいなところがあったのもあって、
これまでの当サイトでの発信は、結構

完璧主義というか、ちょっと息苦しい感じになっちゃっていたんですが、

よくよく、考えてみると、

ダイエットで完璧主義になる必要は全くない

という事が言えます。

もちろん、完璧主義といっても、

自己嫌悪したり、罪悪感だらけにならない、
「良い意味での完璧主義」であれば、
問題ないのですが、

一度でも、自分の決めた事を崩してしまったら、
「すべてが終わりだ」と言わんばかりに、
自己嫌悪してしまうような
「悪い意味での完璧主義」

だったら、全く必要ないです。というか、出来れば無くしたいです(笑)

結局、ダイエットは「短距離走」では無くて、「マラソン」な訳です。

だから、100%の力で走り続けないと、ダメなものではなくて、
平均的に、そこそこのパーセンテージで走り続ければ、
それだけで上手く行くんですね。

ダイエット前の習慣)ー(ダイエット後の習慣)=体重などの変化

になるわけですから、

ダイエット前の習慣よりもマシなレベルの習慣を続けていれば、
自ずと、体重も変わってきます。

  • コーラを毎日飲んでいたなら、それを週3日にする
  • 一日3食食べていたのを2食にするだけ
  • まずは夜から主食をやめてみる
  • お菓子だけはやめてみる

とかでも、全然変化は出ます。

何故なら、

(ダイエット前の習慣)ー(ダイエット後の習慣)=体重などの変化

だからですね!

後は、自分の目標と照らし合わせて、
どのくらい習慣を変えていけばいいのか?

ってのを、やりながら調整するだけです。

「完璧にやらねば!」
「マニュアル通りにしっかりやるんだ!」
「一度でも、崩してはいけない!」

みたいに思っちゃうと、自分からダイエットを苦しくしんどいものにしてしまいますし、
最悪、「ダイエットに対して苦手意識」みたいのを植え付けてしまいかねません。

それは大変に危険な事です。

そんなことしなくても、
食生活、運動などを含めた、

「生活習慣を理想体重になる方向へ変えてあげるだけで」
ダイエットは上手く行きます。

最初のスタートダッシュで、ダントツで先頭を走っていても、
あっという間に息切れして、その場に止まるしかなくなってしまいます。

完璧主義にならず、マラソン感覚でやれば、

ジャンクフードを食べるような日があっても、
「まっ、いいか」
みたいに軽く流せるようになります。

という事で、

ダイエットを上手く行かせるのに、完璧主義はいらない。
マラソン感覚で、「とりあえず、マシな習慣を続ける」くらいのノリで
実践していく!

という事でした!

友だち追加↑LINE@にご登録頂くと、直接コンタクトを取れます。糖質制限に関することや、 「ダイエットをやる気が出ない」「何を目標にしたらいいか分からない」「モチベーション高めるための仲間が欲しい!」などなど、 質問してみたいことがあれば是非、ご連絡ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です