ダイエット中の買い物は事前に買う物を決めておこう!

どうもkateです!

ダイエットしてる時は、
出来るだけ余計な食事はしたくないですよね!

でも、
腹が減ってる時に、コンビニとか
スーパー行ったら、あの美味しそうな匂いに
食欲を刺激されて、つい買いすぎて、後に
なって後悔する・・・・

みたいなことってあると思います。

僕自身も、昔はとりあえずコンビニとか
スーパー行ったら何かしら食べ物が欲しい。
見たいに思ってました。

後は、別に食べ物の買い物じゃなくても、
何も決めずに行くと、ついつい
余計なものとか、要らないものまで
買っちゃうことってあると思います。

で、ダイエットしていて、
余計なものをかって、太りたくない
のなら、買い物の際に意識しておくべき
事があります。

そうすることで、

  • 腹が減ってついつい沢山惣菜買っちゃった
  • レジ待ちの時に、誘惑されてレジ前の揚げ物を余計に買ってしまった
  • なんだかよくわからないけど、とりあえず余分に食料を買い込んでしまう

という事を防ぐことが出来るでしょう。

買い物の時は、事前に買う物を決める!

はい、まず今日からすべきこととして、
「買い物の時は、事前に買う物を決める」
という事ですね。

恐らくですが、余計なものを買ってしまう人は、
「とりあえず買い物行こう。で向こうで
何を買うか決めよう」
っていうノリでスーパーなどに行ってしまうかと
思います。

特に、ほぼ毎日買い物をする人などは、
その可能性はありますよね。

なんせ、「事前に買う物を決める」って、
習慣になっていない人にとっては、
面倒な作業ですから(笑)。

それを頻繁に買い物する場合は、
より面倒に感じるわけです。

しかし、そうして行き当たりばったりに
買い物をしてしまうと、往々にして、
買ったものも「行き当たりばったり的」になって
しまうと思います。

それに対して、事前に買う物を決めて行くと、

  • 買う物が決まっているから、目的のエリアが限定される
  • 余計なものに、目も暮れないので、時短になる
  • 魅力的な商品に、欲望を煽られる頻度が減ることに
    より、精神的な疲労が軽減される。もしくは無くなる。

という事が起きてきます。

一言でいうと、
「最短最速でストレス無く買い物を済ませられる」
と言う訳です。メリットだらけです(笑)。

ただ、「事前に決めるだけ」
でですよ?

別に、ショッピングを楽しむのが趣味なのであれば、
事前に計画しない方が楽しめるのかもしれませんが、
殆どの場合、日々のコンビニやスーパーでの
買い物は、いわゆる「ショッピング」ではなく、
ただの「調達」ですよね(笑)。

僕の事例で言いますと、
コンビニに行く際に、
以前であれば、

まず店に入る

弁当、おにぎり、パン、スイーツの順で徘徊

何を買うか悩む

また徘徊

ドリンクエリアにいく

悩みがてら、雑誌コーナーに意味もなく行く

段々絞られてくるが依然として悩む

迷いながらも渋々、買う物を決断する

レジ待ちの間に、揚げ物か中華まんに
興味を持つ

どっちを買うか悩む

結局買わないか、どっちか買う

買い物終了

という流れでしたが、
今は、大体買う物が前もって
決まっている為、

店に入る

ジャンプとサンデーのチェックに
雑誌コーナーへ

ワンピースとコナンだけパラパラめくる

目当ての物を取る

会計

買い物終了

といった流れになっています。
雑誌は毎回必ず行くわけではないので、
これより短いのが普通です。

文章だと、分かりにくいかもしれませんが、
たかが、コンビニの買い物で、
時間は2倍以上かかり、
何を買うか迷ったりで、精神的なリソースを
すり減らし、欲しいものが沢山あるが、
どれか一つを選ぶしかないので、そこでも
またストレス。

みたいな、循環になってました。

なので、「事前に買う物を決める」
という事がいかに、シンプルかつ
有用なのか。という事が
何となく伝わると思います!

そして、実はこれ、
ちゃんと理由があるんですね。

事前に買う物を決める事が良い理由

買い物の時は、前もって決めておきましょう。
というお話をしましたが、

その理由とはなんでしょうか。

それを説明する前に、少しだけ脳の仕組みについて話を
させていただきたいのですが、

・・・・・・・・
人間の脳には、RAS(網様体賦活系)という場所があります。

RASの働きは、簡単に言うと、
「五感を通して外部から入ってきた情報から、自分に
とって重要な情報を選び取る」
と言う物です。

我々人間と言うのは、目の前の現実を
ありのまま見たり、聞いたり、触ったり
していると思い込んでいますが、実は、
自分にとって必要な情報だけをRASによって
選び取ってもらったものを認識しています。

なので、我々が「ありのままの現実」だと
思っている事は、実際は、自分の大事な事以外は
切り捨てられて認識しているのです。

もし「ありのままの現実」を全て認識するとなると、
一説では、1秒間で五感を通じて得た情報を
処理するのに、数百年はかかる。とも言われています。

それ程膨大な情報量では、命がいくらあっても足りません。

そこで、RASによって、「自分にとって重要な情報だけを」
選び取っているという訳なのです。

ここから分かるのは、
「自分が認識している事は、自分にとって重要な事」
だという事です。

そして、自分に重要じゃない情報は、認識する前に
カットされます。
・・・・・・

ここで、ようやく買い物の話に戻るのですが、
つまり、「事前に買う物を決める」
というのは、「自分にとって重要なものを定める行為」
という事です。

だからこそ、買うと決めたものだけに意識が向くことで、
「最短最速で、余計なものも買わずに、買い物を終える」
ことが出来るわけです。

逆に、事前に買う物を決めないで行くと、
何が自分にとって重要なものなのかが分からないので、

「ポテトチップス○○味、新発売!」
「ミルクチョコレート特売!」
「試食コーナーに入り浸る」
などという、広告や、仕掛けに
引っかかってしまうのです。

店側は、当然、商品を売りたいので、
お客が思わず買いたくなるような仕掛けを
しています。

そんな中に、無防備で乗り込めば、
まんまと術中にはまるのは、
目に見えています。

特に、ダイエット中なのであれば、
「余計な飲食物に脇目を振らない」
ことが非常に大事になってきます。

そのためにも、事前に買う物を決め、
RASに何が自分にとって大事なのかを
教えておけば、

「ポテチ買いたいけど、ダイエット中だから我慢しよう」
などと思わなくても、
余裕で、買い物を済ませられます。

こんなことを言うと、次のような疑問を持つかもしれません。

「事前に買う物決めて、脇目も振らずに買い物しちゃったら、
もしかしたらいつも使ってる日用品が特売になってたとしても
見逃してしまうんじゃないの?」

という事です。

つまりは、買う物を絞り込んだ事で、
いつも必要なものが、割引や特売になっていても
それを取り逃してしまうから、損をしてしまうという
考えですね。

しかし、これに対する答えは実は単純です。

「見逃すのは、事前に決めた買い物リストに含まれていないから、
つまりその時のあなたが重要な物として認識していなかったから」

です。

確かに、現実問題、買う物に焦点を絞ったことで、
安く買える日用品を逃してしまう事もあるかもしれません。

ですが、それを逃さない。という為だけに、
行き当たりばったりの買い物をしてしまえば、
要らないものを買ってしまうリスクが高まり、
普通に、特売で節約できるはずの金額よりも
沢山損が出るはずです。

それに、必要になればその時に
買うのがベストなのではないでしょうか?

よって、総合的に考えて、
「買う物を事前に決めて、買い物をする」
という事が、
ダイエット的にも
時間も
精神的なリソースも
経済的にも

一番、得であると言えるかと思います!

根性ではなく頭を使って乗り越える

ここまで、

  • 事前に買う物を決めよう!
  • 事前に買う物を決める事で、余計な情報が
    カットされることにより、あらゆる損を回避できる

という事を、お話してきました。

たかが買い物でも、ちゃんと工夫をすることで、
余計なお菓子やお惣菜が、買い物かごに気付いたら
入ってたなんて事は防げます。

しかも、前述の通り、我慢や努力は要りません。
なんせ買い物リスト作るだけなんですからね。

さすがに、買う物を決める事自体が面倒で嫌だと
言われてしまったら、それはもう頑張ってください!
としか言い様がありませんが、

まあ普通に、ダイエット成功させたいなら
出来ると思います。

今回は、買い物についての話でしたが、
「事前に決めてしまう」
というのは、他の場面でも活かせます。

そして、やってみると分かるかと思いますが、
努力や根性は必要ありません。

だからこそ、しっかりと頭を使い、
出来るだけ、我慢を伴わないダイエットを
するべきだと思います。

そうすればリバウンドは防ぎやすいですし、
挫折もしにくいです。

自分なりに、色んな場面で応用してみるのも、
面白いですね!

友だち追加↑LINE@にご登録頂くと、直接コンタクトを取れます。糖質制限に関することや、 「ダイエットをやる気が出ない」「何を目標にしたらいいか分からない」「モチベーション高めるための仲間が欲しい!」などなど、 質問してみたいことがあれば是非、ご連絡ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です