強迫観念から来るダイエットは意味ない、むしろ有害だからやめよう

どうもkateです!

あなたはダイエットをしていますか?もしくは、したことがありますか?

もししたことがあるなら、その動機は何でしたか?

「痩せて綺麗になりたい」
「着たい服を着れるように」
「とにかく体重計に乗った時の数字を減らしたい」
「健康診断の結果を受けて、危機感を感じたから」
「太っているのをバカにされたのが悔しかったから」
などなど。。。。
様々な動機があったかと思われます。

ここで質問なのですが、そのダイエットをするに至った動機は、
「あなたから生まれたのものですか?」
それとも、
「何となくダイエットしなきゃいけないような気がするから」
ダイエットに取り組みましたか?

前者の場合、ダイエットをしていく中で、より自分が磨かれていくでしょう。

しかし後者の場合、これは強迫観念から来るダイエットということになりますね。
こういうダイエットはハッキリ言って無意味です。

今回は、それについて語っていきます!

世の中では「痩せなければ!」と思わせる空気が蔓延している

強迫観念から来るダイエット、言い換えれば、
「自分の中には別にダイエットする理由は無いのだけれど、何となくしなきゃいけないような気がするから
ダイエットしている」ですね。

何故こういった強迫観念から来るダイエットをしてしまう人が多いのでしょうか?
それは、
世の中では「痩せる事が義務」であるかのような空気が漂っているから

です。

テレビやSNSでは、細く綺麗な女性が、選りすぐりの写真をアップし、
自らの肉体美を披露して沢山の支持を集めています。

また逆に、お笑い芸人の方などが、太っている人や、一般受けしないような容姿を持つ人に
対し、見た目のイジリ、それを周囲の人が笑ったりしますよね。

雑誌やテレビ、街中の広告でも、デカデカと劇的にダイエットに成功した人の
ビフォア・アフターの写真付きで痩せたい願望を煽っている(その意図はないかもしれないが)
状況です。

こういったものに、我々は無意識の内に沢山接触します。

そうすると、自分では分かってないけど、なんだか
「痩せなきゃいけないような気がしてくる」という思いが押し寄せてきます。

それが自分の中に漠然とした不満として募っていき、いつかのタイミングで
ダイエットをし始めようとします。

この際に、何か自分なりに目的や動機が持てれば良いのですが、
残念ながら、多くの場合は、何となく押し寄せた「痩せねば」という
プレッシャーによって突き動かされるだけなのです。

実際、僕自身の体験談で言いますと、中学生の頃とか、
周りの皆が痩せていて、自分を含む少数の人だけが太っている。

別に、それでイジメられているわけでもなければ、生活が楽しくない訳では無い。

でも何故か、たまに「痩せないとヤバい!」と漠然と思うのです。
そして、その謎のプレッシャーに駆られてダイエットをしようと試みるのですが、
全く無知で無茶なやり方で、当然のごとくすぐに挫折しました。

そのプレッシャーは、強迫観念とか義務感と言い換える事が出来るかと思います。

強迫観念から来るダイエットは何で無意味で有害なのか

前項で、世の中を見渡すと、「何となく痩せなきゃいけない気にさせる空気」
みたいなのが漂っているよ。
というお話をしました。

では、何故、強迫観念から来るダイエット、義務感によるダイエットはダメなのでしょうか?

それは、
「無茶なやり方をして、下手したら身体を壊すから」
です。

恐怖に駆られると、人は極度に緊張します。
緊張すると、視野が狭まり、思考力を失います。

強迫観念から来るダイエットは、間違いなく恐怖が燃料となっており、
ハッキリ言って冷静さは微塵もありません。

そうなると、綿密な計画を立てたり、新しく知識を得よう。というような行為はそもそも思い付きすらしないので、
頭を使わなくても出来そうな単純な、明らかに無茶と言えるような方法で痩せようとしてしまいます。

断食に近いような食事制限をしてみたり、その上激しく運動してみたり、
ちゃんとした食事をせずにお菓子だけで済ませようとしたり、
食べ物どころか、水すら飲まない、
栄養など微塵も考えず、ただカロリーという数字を少なくすることしか頭に無かったりと、

体に負担をかけすぎる。場合によっては老化や、体の調子を崩しやすくなる
というオマケ付きで、ダイエットするつもりが、更に自分を悪化させる状況となってしまいます。

しかも、肉体面だけでは無く、精神面でも、
ダイエットに対して、「失敗」「大変な物」などと言った、
負のイメージがついてしまうということも有り得ます。

そういうリスクを背負う事があるので、
強迫観念から来るダイエット、義務感によるダイエット
は、無意味で、有害だという事です。

ダイエットするなら、キチンと目的を持とう

強迫観念から来るダイエット、義務感によるダイエットの無意味さと、場合によっては有害ですらある。
という事はお話ししました。

それを踏まえた上で、じゃあダイエットに成功するにはどうしたらいいのか?

これまで言った通り、漠然としたプレッシャーによるダイエットはほぼ成功しませんし、
運よく成功しても、本当に自分が嬉しいかどうかは分かりません。

であれば、ちゃんとした「目的」を持っていれば、違う結果を期待できそうです。

自分が決めた目的や動機であるならば、自分がそれを望んでいるので、
変なプレッシャーは感じないでしょうし、
緊張して、まともに思考できない状態にも陥ることはないので、

ちゃんと、新しいことを学ぶなりして、綿密な計画作りが出来ます。

そうすれば、体を傷めつけるような過激なダイエットはしなくなるでしょう。

それに、義務感では人は動きません。
親や先生、上司などに指示されてその場では何とか取り繕っても、
結局見ていないところでは、自らは動きません。

ダイエットは自分のためにやるものですから、
自ら動けないような動機では、意味がありません。

だからこそ、しっかりと自ら動きたくなる「目的」を作りましょう!

他人では無く、自分にとって大事な事に目を向ける

何故、強迫観念や義務感でダイエットをしてしまうのかと言えば、
それは「世間や他人の基準で生きているから」という事が言えると思います。

しかし、世の中が痩せる事を強要するような空気でも、
友達や知人が自分の体型をバカにしてこようが、

「自分がダイエットする必要が無い」と思っているなら、
そっちに従えばよいのです。

要は、「自分がどうしたいのか?」という事を自分でしっかりと
把握しましょう。って事です。

自らを起点としたダイエットならば、強迫観念も義務感も
無縁になるでしょう。

そしてその時に、自分が磨かれていくのではないでしょうか!

友だち追加↑LINE@にご登録頂くと、直接コンタクトを取れます。糖質制限に関することや、 「ダイエットをやる気が出ない」「何を目標にしたらいいか分からない」「モチベーション高めるための仲間が欲しい!」などなど、 質問してみたいことがあれば是非、ご連絡ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です